記事一覧

“Tシャツ”は単体でサマになるエースがいれば安心

アップロードファイル 13-1.jpg

夏の王道スタイルといえば、“Tイチコーデ”。超定番であるからこそ「素材」「シルエット」「サイズ感」など、細部までこだわったTシャツを選んで他との差別化を狙いたい。ロゴドンやレタードなど、プリントで主張するTシャツももちろんアリだが、大人らしい洗練度の高いコーデを表現するなら無地Tシャツのクオリティ勝負がオススメ。カッティングや素材が変わるだけで印象も自ずと変化してくるから興味深い。

「DANIELE FIESOLI(ダニエレ・フィエゾーリ)」は、ドルチェ&ガッバーナなどの有名メゾンの製品を手掛けるWool Gropeのオリジナルブランド。2006年にPITTIにて発表され、デビューしてから数年で600以上の顧客を獲得したほど絶大な信頼を得ている。ニットやカットソーを中心に展開しているだけあり、ピックアップしたTシャツもハイクオリティそのもの。まるでシルクのような光沢と肌に吸い付くような滑らかなタッチの生地を採用し、身体にフィットする細身シルエットで仕立てているため、このTシャツ一枚だけでもキマることうけあいだ。

2018年にローンチされた新進気鋭ブランド「+CLOTHET(クロスクローゼット)」が作り上げるTシャツは、他とは一線を画するこだわりが詰め込まれている。テーラードジャケットに採用される袖の「後付け」や「イセ」などを取り入れて身体を包み込むような立体感を作りあげ、なお且つジャケットを羽織ってもごわつくことの無いシルエットに設計。ほどよく厚みのあるしっとりとした質感で、光沢感も携えた生地を使っているとなれば、着心地は言うまでもなく、ラグジュアリー感もひとしお。ネイビー以外にもホワイト・グレー・ブラックのモノトーンで使い勝手のいいカラバリが揃っているため、この機会にぜひチェックしてみてほしい。

Tシャツよりも上品で、シャツほどかしこまらない絶妙な按配がちょうど良いポロシャツ。スポーツ競技から生まれたアイテムであるため、着こなしによってはスポーティ過ぎて小僧な印象を与える恐れも。そんな中でオススメしたいのは、イタリアブランドが手掛けるドレスなマインドを持ち合わせたポロシャツ。ルイジボレッリやギローバーなど、シャツカテゴリーに強みのあるブランドなら、取り入れるだけで自然と品のある印象に。セーターのようにドレスアイテムと相性の良いニットポロシャツもオススメだ。

シャツメーカーである「LUIGI BORRELLI(ルイジ・ボレッリ)」のポロシャツは、ドレスシャツさながらの美しい襟姿を実現しているのが特徴。約3.2㎝ほどの台襟が備わっているため襟が潰れることなく、ボタンを外してラフに着こなしてもこなれた襟元に仕上がるのが嬉しい。目の細かい鹿の子を採用し、ガーメントダイによって仕上げたナチュラルな風合いも大人にピッタリだ。

狙い目のポロシャツ②「最高級の天然素材を使った滑らかで型崩れしない生地が◎ JOHN SMEDLEYのニットポロシャツ」
ニットメーカーとして世界中に名を馳せている「JOHN SMEDLEY(ジョンスメドレー)」のポロシャツは、最高級の綿であるシーアイランドコットンを使用した滑らかな肌触りのある生地が特徴。そんなバツグンの着心地もさることながら、しなやかさも備わっているため、型崩れしにくいのもポイントだ。長く着られるこの一着は、サステナブルの機運が高まる現代にピッタリ。

ネクタイの締め付けすらも鬱陶しさを感じる夏。シャツはノータイでもキマるアイテムを選ぶのがオススメだ。開きの具合が計算された仕立ての良いシャツを選ぶのはもちろん、襟型に注目してみるのもグッド。例えば、トップボタンを閉めたときの襟羽根の開きが180度あるホリゾンタルカラー(カッタウェイ)や襟羽根をボタンで固定したボタンダウンなど。キレイなロールが美しいイタリアンカラーのチョイスもイイ感じだ。

シャツメーカーである「Finamore(フィナモレ)」から紹介するのはココンチの定番ポプリンシャツ。カッタウェイの襟羽根に3.5㎝の台襟といった、オンにもオフにも使い勝手の良い襟デザインを採用しているのが特徴だ。身幅は細身で着丈を長く設定しているため、タックインした着こなしにピッタリ。お馴染みの肩まわりのハンドステッチのみならず、肩と前身頃のつながり部分や、ボタンホールもハンドで仕上げた贅沢仕様だ。

アメリカンクラシックの礎を築いてきた「Brooks Brothers(ブルックス・ブラザーズ)」からピックアップしたのは、淡いブルーで涼感たっぷりなボタンダウンシャツ。色のみならず、スーピマコットンを使用した薄手のオックスフォード生地で着心地も爽やか。細身のフィット感のため、都会的かつ洗練されたスタイルに仕上がることうけあい。家庭で洗濯できるタフさを備えているのも嬉しいポイントだ。

1枚はもちろん、Tシャツの上に羽織るアウターとしても活躍を期待できるなど、使い勝手の良さが魅力的な夏の定番アイテム「半袖シャツ」。なかでも今季は、ほどよくリゾート感を演出できる開襟やアロハなどの半袖シャツが人気の模様。袖をロールアップしてさらに袖丈を短く仕上げたり、タックインまたはタックアウトで動きをつけるなど、アレンジ方法も豊富なので着こなしのバリエーションを広げたいとお考えの諸兄はぜひ、半袖シャツの購入を検討してみてほしい。

シャープな印象のイタリアンカラーを採用した「Finamore(フィナモレ)」の半袖スキッパーを紹介。生地にはリネンを採用しているため、見た目も着心地も清涼感に溢れているのが嬉しい。ざっくりと切り込みを入れた胸元には、チーループのボタンが配されているため、気分によってこなし方に変化がつけられる。

狙い目の半袖シャツ②「本場アロハシャツで爽やかさもひとしお。REYN SPOONERのスプーナークロスシャツ」
ハワイ発祥のブランド「REYN SPOONER(レインスプーナー)」よりピックアップしたのは、ココンチの伝統的ヘリテージ柄“ラハイナセーラー”を表現したアロハシャツ。この独特な柄模様はハワイの漁師が使用していたバンダナの柄をアレンジしたと言われている。本場ブランドによるアロハシャツの魅力をぜひ、味わってみてはいかがだろうか。

軽快かつスポーティなムードにコーデが仕上がるショートパンツ。服の面積が少ない分、脇役になりがちなこのアイテムこそ違いを持たせることで他と差をつけられる。プリーツやコインポケット、ドローコードなどの装飾だったり、柄でスパイスをきかせたりと、大胆に遊んでもTOO MUCHな印象を与えないから嬉しい。

トラウザー専業ファクトリーとして、フィレンツェにて創業された「giab’s Archivio(ジャブス アルキヴィオ)」。紹介するショートパンツ「MAGNIFICO」は、ジャブスの人気モデル“GIANCARLO”をショートレングスにアレンジしたモデルだ。ウエストのサイドにはゴムを備え、ドローコードがついているためリラックス感バツグンに履ける。また、ドローコードは内側にも隠せるので、ベルトを通しても使えるなど汎用性に長けているのも魅力だ。

フォーマルからカジュアルまで幅広いパンツを展開している「Vigano(ヴィガーノ)」よりピックアップしたのは、シザースプリーツ施して腰回りにゆとりをもたせたショートパンツ。イマっぽさのあるデザインとショートパンツ本来の抜け感で、洒落た雰囲気が醸し出されている。微妙にテーパードしたパンツラインや長めの持ち出しなど、随所に垣間見える工夫も見ドコロ。

コーデの印象を端正に整えてくれる美シルエットのスラックス。Tシャツ1枚の夏コーデもボトムスにスラックスを合わせるだけで、洗練された大人の男の雰囲気に仕上がる。狙い目は、腰元にゆとりをもたせながら裾にむかって細くなるテーパードで、ピタピタ過ぎず、ダボダボ過ぎない身体に馴染むようなシルエット。リネンなどの夏らしい季節素材を採用したスラックスなら、楽チンに洗練コーデが作れることうけあいだ。

狙い目スラックス①「トロピカルウールを採用した流麗シルエットの極上品!Incotexのトロピカルウールスラックス」
1951年に設立した「Incotex(インコテックス)」が展開する日本限定モデル“N35”の春夏モデルをピックアップ。亜熱帯地域でも穿くことが出来ることから命名されたトロピカルウールを採用し、着ていることを忘れるほどに軽い着心地を実現。腰回りのすっきりしたノープリーツモデルで、テーパードをかけた流麗なシルエットも特徴だ。

足を補正するような美シルエットで世界から人気を集めている「PT01(ピーティー ゼロ ウーノ)」。パンツ専業ブランドならではの安定したクオリティを維持しながら、デザイン面で様々な挑戦を続けているブランドとして知られており、ピッティウオモの展示ブースは毎シーズン洒落者やメディア関係者で賑わっている。夏素材のスラックスもバリエーション豊富。クラシックなディテールを取り入れたイマの気分にピッタリなモデルからミリタリー要素を取り入れたエッジのきいたモデルまで様々な夏素材のスラックスが手に入る。

「ヴェルサーチェ」がUA&サンズとスニーカーでコラボ ストリートの重要人物サレヘに聞く

アップロードファイル 12-1.jpgアップロードファイル 12-2.jpgアップロードファイル 12-3.jpg

「ヴェルサーチェ(VERSACE)」は、ユナイテッドアローズ&サンズ(UNITED ARROWS & SONS以下、UA&サンズ)とのコラボレーションスニーカー(11万1000円)を企画し、14日に同店で30足限定で発売した。コラボのベースとなったのは、チェーンをかたどったソールが特徴的なモデル“チェーン・リアクション(CHAIN REACTION)”。発売に合わせて来日した「ヴェルサーチェ」のスニーカー部門ヘッドデザイナーであるサレヘ・ベンバリー(Salehe Bembury)と、小木“POGGY”基史UA&サンズディレクターに聞いた。

1年ちょっと前に「ヴェルサーチェ」のスニーカー部門ヘッドデザイナーに就いたんだけど、これは従来はなかったポジション。本当にイチから事業をスタートした感じで、シンプルで買いやすい商品と共に目立つ商品を作る必要があった。それで “チェーン・リアクション”を作った。スニーカーを売るにはいい製品を作るだけではダメで、ストーリーを伝えることと、マーケティング、コラボレーションが必要。多様な人材と一緒に働く必要があると考えて、 “ヴェルサーチェ ファミリー パック”というチームを各国の有力小売店と結成した。(限られた有力店でのみ販売する)「アディダス コンソーシアム(ADIDAS CONSORTIUM)」みたいなものだね。日本はUA&サンズ、ニューヨークや上海、ドバイはコンセプト(CONCEPT)、ロサンゼルスとシカゴはRSVPギャラリー(RSVP GALLERY)という店と組んでいる。それぞれの店にポギー(注:小木ディレクター)みたいな素晴らしい人がいて、各店とのコラボ商品は全く違うものになった。UA&サンズとは、(刺し子など)日本の文化をミックスした商品を作ることができて、とてもうれしいよ。

サレヘはもともと「イージー(YEEZY)」のデザインに関わっていたし、他にも色んなブランドを手掛けていたから、彼が作るスニーカーに注目する人は多い。彼が「ヴェルサーチェ」に入ってスニーカーを手掛けるという動きがすごく面白いと思っていたので、是非一緒にやりたかった。

維持することがとても大事だと思った。見た人がすぐに「『ヴェルサーチェ』のスニーカーだ!」と分かるようにしたかったんだ。僕は学校ではプロダクトデザインや工業デザインを専攻していたから、デザインする時は見た目だけじゃなく機能性を考える。「ヴェルサーチェ」の三大要素といえばメデューサ、グレカキー、チェーンだけど、これを機能的に使うにはどうしたらいいかって考えて、チェーンなら機能性を損なわずにデザインに生かせるなと思った。それでソールがチェーンをかたどった形になっているんだ。

いいスニーカーデザインの基準は、ソールをちゃんとデザインできるかどうか。これは特徴があるソールなのに、アッパーとしっかりはまっている。そこがすごいなと思う。

スニーカーに代表されるストリートカルチャーが非常に盛り上がっている。それによってどんな変化があるか。

以前はビッグメゾンが「コラボをしている」とは言ってはいけないような雰囲気があった。でも今は、かつては裏に隠れていたものがちゃんと世の中に出て、それがブランドになっていくという流れがある。例えば「ディオール(DIOR)」のメンズは、YOONやマシュー・M・ウィリアムス(Matthew M. Williams)が関わっていることが表に出ている。「ヴェルサーチェ」もこうしてサレヘの名前が出ている。こういう流れは新しいし、面白い。

ストリートカルチャーが盛り上がり過ぎているだなんて、恐れてはいないよ。インターネットの普及で、消費者は今までにないくらい教育されている。以前はブランドについて知ろうと思ったら、店があるところまで行く必要があった。でも今はスマホで簡単に世界中の情報を調べられる。それによって前よりもたくさん買い物をするようになったけど、特別感がなくなっている部分もある。スニーカーも飽和状態といえるかもしれないけど、僕はそこに新風を吹き込みたいんだ。デザインは、人の感情を揺さぶることができるかが大事。自分がいち消費者だったころ、「ジョーダン ブランド(JORDAN BRAND)」シリーズや新製品を見るたびに、「うわっ、すげえ!」って思った。僕もそんな風に消費者の心を動かすようなものが作りたいんだ。

「ユニクロ」が“漫画コマース”に挑戦 ファッションブロガーMB企画監修の漫画を無料配信

アップロードファイル 11-1.jpg

「ユニクロ(UNIQLO)」は、KADOKAWA発行のメンズファッションコミックス「服を着るならこんなふうに」の配信を11月14日から開始した。「ユニクロアプリのサービスとエンターテインメントコンテンツの拡大を通じて、『ユニクロ』の最旬の商品やスタイリング提案をさらに強化する」のが目的。

 「服を着るならこんなふうに」は漫画家の縞野やえによる人気漫画で、KADOKAWAのウェブコミックサイト「ヤングエースUP」で連載中。企画協力にファッションブロガーのMBが参画している。表参道や新宿などのファッションディストリクトやストアを舞台に、服に無頓着だった主人公が妹の手助けによりファッションセンスを磨いていくというストーリー。「シンプルでコーディネートの部品として使いやすい『ユニクロ』商品が多く取り上げられており、『ユニクロ』ならではの服の着こなし例が描かれている」のが起用理由だという。

 今回は、ユニクロアプリにアクセスすることで、本編から毎日1話を無料で提供するという取り組み。同時に、各話に登場している「ユニクロ」の関連メンズ商品やスタイリングをリンクで紹介するという、“漫画コマース”とも言えるプロモーションが特徴だ。12月13日までの期間限定で、原作の単行本5巻などが当たるプレゼント企画も実施する。

 さらに、ユニクロアプリのみで公開予定の描き下ろしストーリーも準備中で、題材となる服やファッションについてのお悩み相談も募集している。

OLD NAVYとストリートガールの春のおしゃれサンプル

アップロードファイル 10-1.jpgアップロードファイル 10-2.jpg

元気でハッピーなアメリカンスタイルで人気のOLD NAVY(オールドネイビー)の最新コレクションから、NYLON JAPANがオススメするストリート&リラックスをMIXしたスプリングスタイルをお届け!

今すぐ使えるデニムから待ち遠しいサマーシーズンまで愛用できるワンピースなど、itアイテムがラインアップに到着。大人気ガールズパフォーマンスグループE-girlsでも活躍中のDreamの4人が着る“リゾートストリートルック”をはじめ、紗羅マリーや石田ニコルなどitモデル6名がコーディネイトするデイリースタイル、ナイロニスタが注目するインフルエンサー達のセルフィスナップなど、OLD NAVYのお気に入りアイテムを使ったルックが盛りだくさん。

ストリートガールズが着こなすOLD NAVYの春ルックは絶賛発売中のNYLON JAPAN 6月号及びOLD NAVYのウェブサイトでチェック可能。さらに店頭では、NYLON本誌からまるごと飛び出したスペシャルブックを数量限定で配布中。カラフルでフレッシュなOLD NAVYのアイテムと一緒に春夏シーズンを思いっ切り楽しんで!

2人の日本人若手デザイナーを抜擢した英ブランド「レオン バラ」とは?

アップロードファイル 9-1.jpg

英国を拠点にするメンズブランド「レオン バラ(LEON BARA)」は現在、24歳の市森天颯(はやて)と25歳の児島和也の日本人デュオがデザインを手掛けている。アフガニスタン出身のオマール・アフリーディ(Omar Afridi)が2015年にブランドを創業し、「日本のマーケットに進出したい」という狙いで、武蔵野美術大学を卒業した市森が1年前にデザイナーとして加わった。17年10月からはセント・マーチン美術大学の現役学生であり、「キコ コスタディノフ(KIKO KOSTADINOV)」などでキャリアを積んだ児島も加わり、2019年春夏シーズンからは2人体制になった。

 また同シーズンから生産体制も見直し、英国内で日本人が運営する工場を使用している。ほとんどのアイテムを英国内で生産し、高い品質を維持しながら従来よりも価格帯を最大5割下げることに成功した。19年春夏シーズンは全17型で、価格帯はアウター約6万~7万円、パンツ約3万3000~3万7000円、シャツ約2万3000〜2万8000円、カットソー約1万3000~1万8000円など。地中海をテーマにし、リゾート地で着るバカンスウエアのようなリラックスした着心地や落ち着いたトーンの色使いが特徴だ。1940~50年代のクラシックなパターンと、動きやすさや通気性などを考慮したディテールを融合する。

 現在の卸先はイギリス、カナダ、韓国などで、創業者の念願である日本市場の取り扱いはまだ少ない。市森デザイナーは「『レオン バラ』のメーンターゲットは30代半ばの男性。クラシックをフレッシュな感覚で捉えながら、スタイリング次第で幅広い男性が着こなせるユーティリティーさを強みにしていきたい。19年春夏シーズンは価格帯も従来よりも下げることができたので、今後は日本や中国も含めた海外に拡販していきたい」と語る。

パリコレ初日は「セリーヌ」出身の「ロック」と南仏の街を作った「ジャックムス」が健闘

アップロードファイル 8-1.jpgアップロードファイル 8-2.jpgアップロードファイル 8-3.jpgアップロードファイル 8-4.jpgアップロードファイル 8-5.jpg

2019-20年秋冬シーズンのパリ・ファッション・ウイークが開幕した。初日の2月25日は、「LVMHプライズ」での受賞やノミネート経験のある若手デザイナーたちが健闘。昨年度の「LVMHプライズ」特別賞を受賞した韓国系アメリカ人のロック・ファン(Rok Hwang)による「ロック(ROKH)」、同年度にセミファイナリストに選ばれたベルリン拠点のスイス人のクリスタ・ボッシュ(Christa Bosch)とコジマ・ガーディエント(Cosima Gadient)のデュオによる「オットリンガー(OTTOLINGER)」、15年度に特別賞を受賞した、フランス人のサイモン・ポート・ジャックムス(Simon Porte Jacquemus)による「ジャックムス(JACQUEMUS)」の国際色豊かな3組が新作を披露した。

先陣を切ったのは、今季パリコレデビューを果たした「ロック」だ。フィービー・ファイロ(Phoebe Philo)の「セリーヌ(CELINE)」を経て、フリーランスで「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」や「クロエ(CHLOE)」を手掛けた経験を持ち、業界から熱い視線を浴びるデザイナーだ。デビューショーではブランドのオリジナリティーを出しながら、今の空気感をとらえた期待を裏切らないクリエイションを見せた。

コレクションは“Teenage Nightmare(10代の悪夢)”と題して、デザイナーのロックが育った米テキサス州オースティンに思いを馳せた。記者はタイトルを聞いて1980年代のアメリカ映画をイメージしたが、その通りスティーヴン・スピルバーグ(Steven Spielberg)やガス・ヴァン・サント(Gus Van Sant)が描いた80〜90年代の映画が着想源になっているようだ。

今季はブランドが得意とする変幻自在なスーツやコートに80〜90年代のカジュアルなテイストをのせてアレンジした。ボタンで袖を外すことができるコートや、スリットの深さを調節できるスカートは、隙間からパープルやイエロー、花柄など全身タイツの“セカンドスキン”を合わせることで重ね着を楽しむ提案だ。“10代”を匂わせるのは、“R”のロゴをのせたパーカーやスケートボードを持ったモデルたち。“悪夢”はダークな色使いと、レトロでタッキー(悪趣味風)な花柄やペイズリー、渦巻きのようなモチーフ使いから感じ取ることができる。リアルクローズからかけ離れない絶妙な色使いと、一大トレンドである変形テーラード、思わず二度見してしまうひねりの効いたスタイリングが好印象だ。

初日のトリを飾ったのが、進化を続ける「ジャックムス」だ。映画「ロシュフォールの恋人たち」やベネチアのムラーノ島を着想源にパリ郊外にある大きな倉庫に色鮮やかな街の舞台セットを設営した。色鮮やかな花屋や果物屋、パン屋、ブランドのブティックまでそろえた手の込んだ演出で、来場者たちは会場に入るなり、フォトスポットを見つけては撮影を楽しんでいた。

「ジャックムス」2019-20年秋冬パリ・コレクション GIOVANNI GIANNONI / WWD (c) Fairchild Fashion Media

コレクションは、リラックス感のあるオフホワイトやサンドベージュのセットアップから、まぶしいフューシャピンクやオレンジ色のアウターやスカートなど、メリハリのあるカラーパレットが心地いい。DIY風のディテールも健在だ。洗濯バサミでハンカチを吊るしたようなイヤリングや、樹脂加工したアーモンドをつなげたネックレスなど、程よいキャッチーさも上手だ。

シーズンを重ねるごとに大胆な肌見せを増やして大人っぽさが加速する「ジャックムス」だが、決して“いやらしく”ならない健康的な女性の色気を演出できているのがポイントだ。それは、「ジャックムス」のクリエイションの着想源がいつも自身の母親にあることが関係しているのかもしれない。昨年、ジャックムス本人が「セクシーという言葉は好きじゃない。『ジャックムス』ウーマンは知性も備えるセンシュアルな女性たちなんだ」と話していたのが印象に残っている。

また、豪華なセットの作り込みはビジネスの安定も意味しているだろう。今や世界中のセレクトショップに並び、パリの老舗百貨店のギャラリー・ラファイエット(GALERIES LAFAYETTE)には店舗も構えており、ウエアだけでなくバッグや革小物、ブーツやヒールなどのシューズもバリエーション豊富にそろっている。昨年から本格始動したメンズコレクションも評価は高い。デザイナーのジャックムスはまだ29歳。若手デザイナーの中で大きくリードした存在であることは間違いない。そしてセットを見て「カールみたい」と、先週亡くなったばかりで「シャネル(CHANEL)」のショーでスペクタクルな演出を欠かさなかったカール・ラガーフェルド(Karl Lagerfeld)氏に重ねていた者もいた。

AMOワールドを覗いてみる?E hyphen world gallery BonBonの新コレクションに密着

アップロードファイル 7-1.jpgアップロードファイル 7-2.jpg

原宿のファッションアイコンAMOがプロデュースを手掛けるのが、カジュアルブランドE hyphen world gallery(イーハイフンワールドギャラリー:以下イーハイフン)のスペシャルラインBonBon(ボンボン)。2013年秋冬の最新コレクションが出来るまでの模様を、NYLON TVが密着取材! プロデューサーとして活躍するAMOの貴重なムービーをここだけでオンエア♡

プロダクトからラフォーレ原宿のショッププロデュースまでAMOのこだわりが詰まったBonBonは、今年2月のデビュー以来大反響を呼んでいる原宿ガールズの注目ブランド。フランス語で“甘いお菓子”を意味するブランド名の通り、女の子の五感を刺激する“かわいい”に溢れたアイテムを展開中。

さて、今季のBonBonは“スウィートストリートガール”をテーマに、秋冬の必至アイテム達をAMOが渾身の想いを込めてクリエイト。彼女の世界観が凝縮された待望のコレクションは9月28日よりラフォーレ原宿店にて先行発売予定。そして10月5日(土)からは全国のイーハイフン店舗とオンラインショップにて展開♪

第1弾のムービーは、何度もミーティングを重ねて素材感やフォルムなどディテールまで入念にチェックするAMOのモノ作りへの情熱がひしひしと感じられる内容に。そして、気になる完成お披露目ムービーは9月24日に公開予定! NYLON TVをお見逃しなく♡

オーデマ ピゲ ロイヤル オークオフショア クロノグラフ

アップロードファイル 6-1.jpg

名門マニュファクチュール『オーデマ・ピゲ』 誕生以来一度も創業家族の手を離れたことのない最も歴史の長い時計メーカーです。
ブランドを象徴する伝説的な8角形の文字盤周りには8本のネジが見え、 ベゼル、ケース、特殊防水ガスケット、ケースバック、すべてを貫通して固定しています。
『ロイヤルオーク』シリーズは1972年の誕生以来、常に時代の最先端。 世代を超えて支持される、文字どおりの「名品」です。
文字盤から背ワニベルトまで洗練されたグレーで統一された2014年モデルです。
スレートグレーに輝く文字盤がスーツやホワイトカラーのシャツにマッチし、都会的な雰囲気を演出します。

【REF】26470ST.OO.A104CR.01
【素材】ステンレススティール
【文字盤】グレー
【ベルト】レザー(背ワニベルト)
【ムーブメント】自動巻き
【サイズ】42mm
【防水】100M防水
¥2,916,000(税込)

スリッポンとスニーカーの違い

アップロードファイル 5-1.jpgアップロードファイル 5-2.jpgアップロードファイル 5-3.jpgアップロードファイル 5-4.jpgアップロードファイル 5-5.jpg

普段何気なく履いているスリッポンとスニーカー、どのような違いがあるか知っていますか? 今回は、スリッポンとスニーカーの違いを徹底解説。

機能面もデザインも全く違うスリッポンとスニーカー。違いをしっかりと分かっておけば、日々のコーディネートへのアプローチが変わるかも。
まず、スリッポンとスニーカーの違いをハッキリしておきます。スニーカーは紐付きでソールがゴム、それ以外はキャンバスやナイロンで作られたシューズのこと。

対して、スリッポンは靴紐がなく足を滑り込ませるだけで簡単に履けるシューズのことで、サイドにゴムがついていることでフィット感を調節しています。

スニーカーは靴紐がついているシューズ、スリッポンは靴紐がないシューズと覚えておくといいでしょう。
スリッポンは普段から靴を脱ぎ履きすることが多い人におすすめです。スニーカーは、脱ぐともう一度靴紐を結びなおさないといけないため、何度も脱ぐ人にとっては面倒ですよね。しかし、スリッポンなら靴紐を結び直す必要もなく何度脱いでも簡単に履き直すことができます。

室内と屋外を行き来することが多い方などにぴったりですね。
チャンピオンのアイコン的存在であるスウェット素材を使ったスリッポンで、シンプルなデザインながらスポーティーな雰囲気を演出。履き口にはパッドが入っているため、履く時が心地よく、履いている最中も擦れやすい足首をカバーしてくれます。
アディダススニーカーの人気モデル、スーパースターをスリッポン型にしたモデルで、クロスされたストラップがポイント。つま先はスーパースターでも使用しているつま先を採用しています。

色もモノトーンカラーにしているので、さまざまなコーディネートに合わせやすいですね。
キャンバス素材のベーシックなスリッポンは、一足持っていると便利。履けば履くほど汚れやシワが深い味わいになり、コーディネートにアクセントをつけてくれます。ソールだけベージュカラーにしているので、歩くたびにそれがチラチラ見えておしゃれ。
キャンバス素材が多いスリッポンですが、こちらはムラ感あるレザーを使用。シルエットもスクエアシルエットになっており、大人なスリッポンに仕上げられています。

ソールもそんなレザーにマッチしたものが使われており、シャツやジャケットなど上品なアイテムと組み合わせるといいでしょう。
ネイビーベースのシンプルなスリッポンで、ヒール部分に刺繍されたフレッドペリーのブランドロゴがポイント。ソールとボディーの間にもトーンが違うラインがあしらわれており、細かいところにまでこだわりを感じます。

爽やかな雰囲気が漂うので、春夏ファッションに使うのがおすすめです。
オニツカタイガーの大人気モデル、メキシコ66をスリッポンにしたモデル。メキシコ66のテイストはそのままで、靴紐を抜いただけのようなデザインになっており、赤・白・青のトリコロールカラーがコーディネートのアクセントとして活躍してくれます。
スリッポンは脱ぎ履きが多い人におすすめしましたが、スニーカーは純粋にファッションを楽しみたい人におすすめ。ご存知の通り、スリッポンと違ってスニーカーはバリエーションが豊富です。

使われている素材もさまざまですし、コーディネートの幅を広げてくれるものが目白押し。ファッションを楽しむならスニーカーをおすすめします。
スニーカーの定番であるコンバース。その中でもオールスターは人気モデルで、こちらはMA-1ジャケットをモチーフにデザインされています。表地は黒ですが、内側はオレンジの素材がオープン。

まさにMA-1そのもので、内側にファスナーがあるため、着脱も簡単です。
ニューバランスのM340は、レザー、メッシュ、スエードと3種類の素材で切り替えているのが特徴。運動靴のように見えるスニーカーですが、スポーツミックスが流行っている今のファッションシーンでは、このスニーカーを取り入れることでトレンド感を加えられます。
ハイテクノロジーと高いデザイン性で多くのおしゃれメンズが愛用しているエアマックス90は、ファッショナブルで履きやすさ抜群なスニーカーといえます。

差し色として使われているビビッドカラーがコーディネートでも同様の役割を担い、シンプルなスタイルでもおしゃれにしてくれるでしょう。
モノトーンカラーとサイドラインがスタイリッシュな雰囲気を醸し出すプーマのコートポイント。使いやすいスニーカーですが、ベーシックなデザインではないので、幅広いファッションに合わせられます。レザーの風合いもデザインとマッチしていますね。
ビビッドカラーのスニーカーは、コーディネートの差し色として使用可能。例えば全身黒のワントーンコーデを組んだ時、このスニーカーを履けば差し色になってよりおしゃれなスタイルに格上げされます。

オールレザーなので、ビビッドカラーのスニーカー特有の子供っぽさもありません。
最後はコンバースのオールスターと同じく、スニーカーでは定番のバンズERA。つま先に向かって細くなるスマートなシルエットがどんなシルエットのパンツとも相性抜群で、シンプルなデザインもそんなバンズERAの使いやすさを引き立てています。
スリッポンとスニーカーの違い、おわかりいただけましたでしょうか? 見た目が全く違うので、最初は用途によって使い分けるというのではなく、コーディネートによって使い分けてみるといいでしょう。

F 1シリーズが発売されました。

このほど、Tiler Heuerタイガーは、新しいF 1シリーズのBMW特別版腕時計を発売した。この腕時計は目立つ青色の装飾を採用して、2本の代わりにチェーンを交換して、スタミナ、スピードと精度を結びつけて、すべてのレーサーファンの必須の選択といえる。この腕時計は、2018年9月24日からBMWオンラインショッピングモールで発売される。
130年に来て、BMWはずっと取引先のために品類の豊富な一流の製表商からの傑出した時計の製品を提供して、その中の中でTEC Heuerテグ豪雅と長年の協力が含まれています。
Tan Heuerタイガーホヤは、プロの知識、相互尊重と独特の技術専長を頼りに、F 1シリーズのBMWブルーディスク特別版腕時計を作成する。この腕時計はスポーツで優雅で、青色の表板は精緻な手作りのポスターと60分ほどのアルミニウムの回転表の輪を合わせて、目の前を明るくします。
ステンレスの表殻の直径は43ミリで、安定して長持ちして、内蔵の自動的な弦の機軸を内蔵して、この機軸は38時間の動力の備蓄を提供することができます。この腕時計には、チェーンバンドの2本が付いています。ステンレス製チェーンとブルーゴムの表帯があります。どんな場合でも腕の間に派手な質感を加えることができます
Tiler Heuerタイガー豪雅F 1シリーズのBMWブルーディスク特別版腕時計ファッションのよりも非常にスポーツは、プロモーションを追求するために、レースの血液を流れる若者のデザイン

壁掛けデジタルカレンダー「Dakboard Wall Display v2」

アップロードファイル 3-1.jpgアップロードファイル 3-2.jpg

IoT化が加速している現代。電話や時計がスマホやスマートウォッチに姿を変えたように、私たちを取り巻く環境はアナログからデジタルに移行しています。しかし、まだまだアナログなものもあります。その1つがカレンダーです。

確かに、PCやスマホでスケジュール管理は行えますが、壁掛けカレンダーはいまだに紙媒体が主流。今回、ご紹介する「Dakboard Wall Display v2」はそんな壁掛けカレンダーをデジタル化した製品です。
卓上のデジタルカレンダーなどは、今までにも数多く発売されてきました。しかし、Dakboard Wall Display v2は、そのような従来の製品とはうってかわって、壁に掛けることができる大型のデジタルカレンダーなのです。

普通のカレンダーとして、違和感なくスケージュールを確認できます!
このカレンダーは、Google CalenderからiCloud Calender、Facebookまで、さまざまアプリと連動させることが可能です。また、カレンダーにはスピーカーが内蔵されているので、リマインダーとしても機能します。

スマホをいちいち取り出さずに、アプリ内の予定を確認できるのは非常に便利ですよね。
紙のカレンダーとは異なり、カレンダーの背景を自分好みのデザインに何度でも変更することができます。また、画質も高画質なため、細かな文字も鮮明に映し出します。さらに、InstagramやDropboxと連動させれば、スライドショーを楽しむことも可能なのです。

Dakboard Wall Display v2は、公式ウェブサイトにて、約350ドル(約3万8900円)で販売されています。

ライターからヒトコト
壁掛けのカレンダーは、スケジュールを確認したり予定を書き込んだりするときに便利ですよね。でも、紙のカレンダーだと、1年おきに買い換えなくてはいけませんし、なによりスマホなどと情報を共有することもできません。そう考えると、Dakboard Wall Display v2は、そのようなカレンダーの痒いところに手が届いた製品だと言えるでしょう。

ロレックスの深海に挑戦して北京に上陸して海の秘密を探る

2018年11月20日、ロレックス 深海挑戦 展覧会が北京で初めて上陸した。ロレックス ダイビング時計は技術革新と優れた性能により、人類に協力して深海 秘密を探索する。腕時計 家でも現場に来てくれて、海 魅力を私たちと一緒に体験してみましょう。
今回は、北京 AP M総経理 ジョー志強さん、英皇時計ジュエリー中国区総経理 ソンチャンさんとロレックス北京有限会社総経理 Peter Bouvードさんに招待されました。
深海に挑戦する展覧会 デザイン インスピレーションは、ロレックス 牡蠣式 鎖に由来し、展示区は3つ 部分に分けられています:深く、深く、最も深く、私たちに1つ1つ ロレックス 潜水腕時計 発展 歴史を展示します――潜航者型(Sbmainer)、海 使型(SBwerer)から深い潜り者型 潜水表に着きます、そしてそれらはどうですか?探検者 協力に協力する。
ロレックスは、1926年 頃にはカオイ式 腕時計を出し、防水腕時計分野で先川を作り、超えられない優れた時計となった。第1項 潜航者型防水 深さは100メートルに達することができて、後に堅固な潜水表 典範で、同時にそ 後出した海 型と深潜型 設計 ブルーブックでもあります。
20世紀 60年代 ダイビング 発展は第2段階に入って、ロレックス 潜水腕時計は新たな挑戦に直面しています――人類 達することができる深い深い深さと、海底 生活 仕事を突破する時長。そこで1967年 時に、海使型が生まれ、潜水者に対するダイビングリスト 要求を満足させ、潜水深さは前 潜航者型 100メートルから海使型 610メートル(2000フィート)に到達した。1978年になると、海使型はさらに1220メートルを突破した。
ロレックス 深潜型腕時計、つまり私たちがよく言う鬼王で、防水 深さは3900メートル(12800フィート)です。そ 表殻 直径は44ミリで、特許Ring locシステムを搭載しており、適切な着用サイズを保持することを前提に、腕時計 圧圧力を高める。
今回 サプライズは、こ 2つ 実験型潜水表――ロレックス 深潜型特別版とロレックス 深海挑戦型(Rolex Deoling Charener)。
ロレックス 深潜型特別版 実験型腕時計は、トリエステ 良い深海潜水艦と手を携え、太平洋マリオ海溝 底に突っ込んで、10 , 916メートル(35 , 814フィート)を記録した。
深海挑戦型 腕時計はそ 後、有名な監督兼探険家 ジェームズ・カメロン(James Cameron)(代表作「タイタニック号」「アバター」)によってマリオ海溝 底に潜り込んで、10 , 908メートル(35 , 787フィート) シングルを記録した。深海で潜水した腕時計で、傷もなく地面に戻った。
今回 ロレックス 深海挑戦展は、ロレックス ダイビング表とそ 歴史を展示し、海 最も深いロレックス 腕時計を体験する神秘的な魅力を紹介します。今回 展覧会は、2018年11月20日から11月29日まで北京市 株式会社で提供されることになり、興味 ある表友が見学に行きます。

ロレックスオイスター永久のヨットマスターII手

最も長い時間のために、そして、私はこれのために責任をとって、私はヨットマスターIIを大きなロレックス以外に見ることができませんでした。44 mmの広いヨットマスターIIは、それと40 mmの海の住人、潜水艦と他のものの間で大きなサイズのギャップで大きなロレックスへの試みでした。2007年にデビューし、ヨットのマスターIIは、わずかに44 mmで同じ幅を持っていたが、かなり厚くなった絶対的な大規模な深海によって、次の年後に続いたので、それは、多くの、多くの、YMIIよりはるかに大きく、それをはるかにマップをオフに配置していた。
空の住人は2012年にデビューしました、そして、それも見て、大きいものを着ますが、2017年まで、それは固体金のケースで独占的に利用できました。そして、それが2012年まですでに利用可能であった2つのトーンYMIIより高価でおよそ40 %をそれに描いていました。私はこれらのものを見ました-すべてを覚えている誰かとしてポーズをとりたくないでしょう。それから、ヨットマスターIIはプレミアシップバレリーナフットボール選手、有名人によって着られる大きなロレックスになりました、そして、...ロレックスがとても長くかかり、2017年に大きな43 mmの海の住人だけをデビューさせたという事実は、ロレックスがちょうど大きな警戒傾向でボートを見逃すことになった通常の慎重な自己であるということです。
星は整列し、私は片手でカメラと他のヨットのマスターIIでロレックスのブティックで終わりました-ブロガーの生活を見にようこそ。それは私が私がヨットマスターIIについて気をつけなければならなかったということに気づいただけでした。これは、時計のベントレー:ビッグ、ブラッシュ、派手な、人口の一部ではない人々が関連付けられていないことを熱心に購入されています…しかし、すべてを超えて深い印象的な、よく作られた、ユニークなクールな製品があります。
私は現在、それがちょうど潜水艦とdatejustsを話すことで私の退屈であるかもしれないということを理解しています、しかし、私がカメラのスクリーン(さらにより大きい、より良い表示でない)で点で私のイメージを見直していたので、私はヨットマスターIIの多くの複雑でよく作られた詳細を理解しました。これは、適切なロレックスを通して-あなたは決して全体の時計や何かのための詳細は、ロレックスの間違いはないが、同時にその機能、レイアウトだけでなく、そのケースとダイヤルのデザインは、すべての爽快ユニークです。
はい、それは私を得たものです。奇妙な、ピストンのスタイルのpushers(それはねじ込まれる必要はありません)、ルグとベゼルの奇妙な、しかし奇妙に美しい比率、ブルーセラミックベゼルとそのレーザーエッチングの信じられないほどの品質は、PVDコーティングの数字は、(私の心の少なくとも私の心の中で)に似てダイヤルの奇妙なアーチ潜水艦、リングコマンドベゼルの追加硬化触覚。これらはヨットマスターIIだけでなく、他のロレックスとは異なり、他の時計とは違って作る。どうやって起きたの?

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ